移動手段の違いで旅行にかかる費用も変わってくる!

飛行機は短時間で目的地につきますが割高

遠くへ旅行をするときには、飛行機を使うことが多いでしょう。海外旅行はほとんどが飛行機ですが、実は飛行機は比較的値段が高い移動手段なのです。海外へ行く時には、フェリーで行ったりすると圧倒的に安い値段で行くことができます。ただ、飛行機のメリットとしては、移動にかかる時間がとても短くて済むという点が挙げられるでしょう。こうしたメリットが大きいために、多くの日本人は飛行機で海外旅行をすることを選択しているわけです。しかし、夏休み期間など時間があって、お金を少しでも安く済ませたい場合には、船で外国に行くという選択肢もあるのだと知っておきましょう。

国内旅行なら電車とバスで迷うところ

国内旅行なら、電車で行くかバスで行くかは迷うところでしょう。電車はより早く目的地につきますが、やや割高です。一方、バスはとても料金が安い傾向にあるのですが、時間はかなりかかってしまいます。夜行バスで寝ている間に現地に到着するというのでもなければ、電車を選ぶのが普通です。ただ、ツアー旅行では、バスの方が人気が高いのは忘れてはいけません。バスなら、電車と違って観光スポットの近くまで乗り入れることができますから、歩く距離は限界まで短くすることができるからです。お年寄りの多いツアー旅行では、バスがメインの移動手段となっているのが現状です。