旅行時にはガイドさんを雇うのも一興です

ガイドさんがいれば安全性が大幅アップ

新興国や発展途上国への旅行の際には、現地でガイドさんを雇うのも一つの安全対策としてとても有効だとされています。現地のガイドの人なら、どこへ行けば安全で、どこへ行けば危険なのかもよく知っているからです。現地の地理にも詳しく、人脈もありますから、困ったことはすべてガイドさんにアドバイスを求めトラブルを回避することが可能となります。もちろんお金はかかりますが、新興国や発展途上国であるなら、値段はそれほど高くなりません。安全性というのは一番重要ですから、念のためにこうしたシステムに頼るのも一興でしょう。

先進国なら観光案内役にガイドをつける人も

観光スポットがあまりにも多い先進国あたりに旅行するときには、安全確保という意味合い以上に、観光案内役として現地のガイドさんを雇うことが多いです。たとえば、歴史的建造物についてその背景を説明してくれたりしますから、ボディーガードというよりは先生のような印象となります。一人で観光スポットを巡っているだけでは理解できないような、詳しい情報まで教えてくれるので、勉強のためにはとてもいい存在です。先進国ですから人件費は高く、ガイド一人を雇うのにも数万円かかることがあります。ただ、それだけのお金を払う価値はもちろんあるので人気が高いです。