福岡市内から日帰り旅におすすめの柳川

のんびりゆったりと川下り

柳川市内には大きな川がないために、柳川城の周辺を中心にお堀が張り巡らされています。お堀は今でも生活用水などに利用され、その上をどんこ舟に乗って下る川下りが楽しめます。運が良ければ船に乗って嫁入りする花嫁さんが見られることもあるそうです。夏のヒンヤリと涼しい川面散歩も楽しいですが、冬のこたつ船も最高でお酒を飲んでも構わないのでくつろげます。でも川下りは結構時間がかかるので、トイレに駆け込まないように飲み過ぎには注意しています。ハイライトはお堀の上を通る橋の下をくぐること。水面が高い日には身を精一杯屈めてぎりぎりのところを潜り抜けます。

柳川名物うなぎのせいろ蒸し

川を下っているうちになんだかいい匂いがしてきたら、そこが川下りの最終地点です。下船場付近には柳川名物のうなぎのせいろ蒸しのお店が集まっています。元祖のお店は江戸時代から続くせいろ蒸しは、その名の通り鰻とご飯をせいろに乗せてあつあつに蒸し上げ、錦糸卵を散らしたもので、うな丼ともまた違うあつあつふわふわな鰻と甘辛いタレが絶品です。お腹が一杯でなければもう一軒行きたかったほどで、私は駅前の観光案内所でうなぎマップをもらいました。お店ごとに微妙に味付けが違うようです。ほかにもドジョウとごぼうを卵でとじた、その名も柳川鍋も一説には柳川発生といわれています。