江戸の風情を堪能するには

浅草寺がまずはお勧めできる

江戸の町人文化といえば、まずは浅草になります。下町風情を楽しむには、浅草寺に行くことがお勧めできます。雷門を見て、その下をくぐって、浅草寺の参道である仲見世通りをまず見てみると良いです。ちなみに東京で最も古い門前町であるとされています。ここには大量の土産物店がありますから、そこで土産を探すと良いです。但し、行きに買うのではなく、帰りにしたほうがよいです。浅草寺には、文化遺産も大量にありますから、極めてお勧めできる観光名所になります。金剛力士像がある宝蔵門や五重塔もあります。外国人にも人気があるところです。

本堂の参拝後にはまず

本堂を参詣した後に、そのまま戻ってもよいですが、伝法院通りにいくのもありです。江戸の街の風情をここでも感じることができます。また、

オレンジ通りや浅草中央通りにいくと昭和の風情を感じられるようになっています。ちなみに浅草には色々とグルメがありますが、一番有名なのが天麩羅です。有名な店はいくらでもありますから、調べてから行くと良いです。但し、物凄く混んでいるような店ばかりです。そこは覚悟しておくべきです。ちなみにそこまで高いわけではないです。旅行先の食事としては、十分に許容できるレベルの金額の天麩羅ばかりです。